税理士を活用して相続税対策を実行するときのポイント

相続前に有効な対策が必要です

相続税申告を税理士に対してお願いした場合、あらためていうまでもなく納税者が望むものとして相続税軽減が存在します。しかしながら相続税を生じてから税理士に対して相談を持ち掛けたとしてもすることができる有効な対策は制限されます。そういう理由で相続がもたらされる前に時間をかけて有効な対策を実施していくことが重要となります。 一つの例として相続人に贈与を実施することを通して軽減を実施するテクニックが存在します。

保険を組みこんだ相続税の有効な対策とは

相続税の準備の為のために、保険を利用するメソッドがあります。これに関しては、相続人に対し相続税支払いの事前準備にも関係するためとても効果が期待できるアプローチです。 どうして保険が対策になってくるのかと言いますと、相続人が貰った生命保険金については、非課税制度が施されているためです。法定相続人1人につき非課税枠が存在します。そういう理由でこの限度内の生命保険金に関しましては課税は受けず相続できます。

相続税法においての特例の活用について

相続税法においては特例が存在します。こうした特例を用いることによっても軽減を実行することが不可能ではありません。とりわけ効果が見られる特例としまして小規模宅地の特例が存在します。その中にあっても亡くなられた方と相続人が用いていた住まい用の宅地であれば充実した控除が確立されています。 宅地の評価されている額のうち8割を課税対象より控除することが可能です。しかしありとあらゆる宅地に利用できることを意味しているのではなく面積が制限されているなどの基準が存在します。

相続の申告を税理士に任せたい場合には、具体的な報酬額の相場やスタッフの経歴などに注目をすることが肝心です。