どんなファンドに投資をするべきであるのか

まずは自己資金に関してを

どんなファンドに投資してもよいのですが、まずは資金に関して自覚したほうがよいでしょう。要するに投資というのはあくまで余剰資金でやることですから、無理をしないほうがよいです。これが最も基本的なことになります。信用取引などはどうしても分限を超えることが条件ではありますが、それでもファンドに投資をする事に関して言えば自己資金以上は基本的にはできないわけですから、その点に関してはそこまで心配することはないでしょう。

どこにすればよいのか

一体、どこのファンドにすれば良いのか、というのは一概にはいえないのです。何故かといいますと一応は今までの運用実績を見ることはできますが、それが当たり前ながら、毎年続くというわけではないので色々と比較検討する必要があるといえます。それと世界的なショックがあったりしますと基本的にかなりのマイナスになることになりますから、これは覚悟しておいたほうがよいでしょう。つまりは、そうした時期はどんな場合でも避けるべきです。

どうして自分で投資をしないのか

ファンドに任せる、ということは要するに人に任せることになります。どうしてそんなことをするのか、といいますと簡単に言えばわからないからです。要するに投資に関する知識はないが運用するお金はある、という状況になります。そんなことがあるのか、といいまと事業に成功した人もいるでしょうし、サラリーマンで少しずつ貯めたこともあるでしょう。投資の知識がない人が適当にやるよりはファンド会社に任せたほうがよい可能性は高いです。

ファンドの会社の実績をくまなくチェックすることで、将来的な損失をなるべく抑えることが出来るようになります。