登記だけじゃない!意外と知らない司法書士の仕事とは

登記は司法書士のメイン業務

司法書士の仕事の花形は登記です。登記には不動産登記と商業登記がありますが、私たちの生活に密着していて、イメージしやすいのは不動産登記ですかね。たとえば、家を新築した場合に必要な所有権の保存登記や、中古物件を購入した場合の所有権の移転登記が有名です。その際に金融機関から融資を受けていれば、抵当権の設定登記をしているはずです。一方で、商業登記も会社にとって欠かせない重要な仕事です。会社の設立登記や役員の変更登記、組織再編の登記が商業登記の典型例ですね。

債務整理も司法書士の重要な仕事の1つ

返済できなくなった借金を整理して、債務者の生活を再建する「債務整理」も司法書士の重要な仕事です。払い過ぎた違法なお金を取り戻すことができる「過払い金返還請求」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、この過払い金の返還請求も債務整理の1つです。ただ、債務整理が裁判沙汰になった場合に、司法書士が訴訟代理人として法廷に立てるのは、借金の額が140万円までに限られます。この点は注意しておきましょう。

登記や債務整理以外にどんな仕事があるのか

これまで司法書士の仕事の中心である登記や、過払い金ブームで一気に火が付いた債務整理についてお話してきました。これらは言ってみれば司法書士の仕事の王道です。ではそれ以外にどんな仕事をしているのかご紹介しましょう。まずは、認知症や寝たきりの高齢者の財産管理や身上監護を支援する成年後見人の仕事があります。高齢化社会に欠かせない大事な仕事ですね。また、商業登記の延長線上で、会社法の知識を活かして企業法務を手掛けている司法書士もいます。さらに、簡易裁判所における身近なトラブルの訴訟代理人として、裁判業務で活躍している司法書士もいます。

司法書士の試験は一般的に難易度が高いと言われています。試験科目も幅広く、専門的な言葉が多いです。毎年、合格点も変わります。